トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

[フィギュア]14歳吉田陽菜 大技トリプルアクセル成功で表彰台「全日本ジュニアでも決めたい!」

2019年11月4日 21時36分

ジュニア女子フリーで演技する吉田陽菜

写真

 フィギュアスケートの西日本選手権は4日、大津市の滋賀県立アイスアリーナでジュニア男女のフリーなどを行い、ジュニア女子はショートプログラム(SP)5位の吉田陽菜(14)=名東FSC=が、冒頭でトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めてフリー3位の110・79点、合計169・41点で3位となった。優勝は合計179・09点の河辺愛菜(15)=関大KFSC。

 大技の成功に場内が大きくわいた。吉田が冒頭に選んだトリプルアクセルは乱れずきれいに着氷した。出来栄え点は1・92点。最後に予定していた3回転ルッツが1回転になるなど後半にミスは出たものの、表彰台まで導いた“伝家の宝刀”に納得の表情をみせた。

 「いいアクセルを跳べました。直前の6分間練習から調子がよかったのでいけると思いました。降りれた時は安心しました」。しかし、他の要素の反省は忘れない。「最後のジャンプで失敗してしまって、悔しい」。課題もしっかり見つけた。

 2年ぶりの全日本ジュニア選手権切符を獲得。昨年は腰を痛めて出場できなかっただけに、今年の大会にかける思いは強い。武器はもちろん、トリプルアクセル。「成功の確率を高めて、全日本ジュニアでも決めたいです」。実力伸び盛りの14歳がさらに気持ちを高ぶらせた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ