トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

本田望結は全日本ジュニア逃す 「もっと練習しなければ」と切り替え

2019年11月4日 16時34分

本田望結

写真

◇4日 フィギュアスケート西日本選手権・ジュニア女子フリー(滋賀県立アイスアリーナ)

 本田真凜(18)=JAL=の妹で、ショートプログラム(SP)17位の本田望結(15)=関大中・高スケート部=はフリー16位の87・21点、合計135・48点の17位。3年連続出場を目指していた全日本ジュニア選手権(15〜17日、横浜)の出場権を逃した。

 本田は冒頭の3回転ルッツは決めたが、後半に組み込んだ連続ジャンプの3回転ループ―2回転トーループの3回転ループが回転不足と判定されるなどジャンプの乱れが目立ち、得点を伸ばせなかった。

 終了後は淡々とした表情。「後半の失敗の原因は体力です…。クリーンな着氷じゃないと全日本ジュニアにはいけない。昨年のジャンプに戻すため、もっと練習をしなければいけない」と振り返っていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ