トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

出遅れた大庭雅フランス杯宇野昌磨の諦めない姿に奮い立った!11位で2年連続全日本出場決めた

2019年11月3日 22時0分

女子フリーで演技する大庭雅

写真

◇3日 フィギュアスケート西日本選手権・女子フリー(滋賀県立アイスアリーナ)

 ショートプログラム(SP)で18位と出遅れた大庭雅(24)=東海東京FH=がフリー6位の103・39点。合計151・31点の11位となり12月の全日本選手権(東京)出場を決めた。3回転フリップと3回転ループで回転不足をとられるなどミスもあったが、映画「タイタニック」の曲に乗った滑りで観客席から大きな拍手を受けた。

 SPの後はショックを隠しきれなかった大庭。しかし、グランプリ(GP)シリーズ第3戦・フランス杯男子フリーで宇野昌磨(トヨタ自動車、中京大)が失敗をしながら諦めずに滑っている姿をみて「中京大のリンクで一緒に練習している昌磨のように私も頑張らなきゃいけない」と気持ちを奮い立たせたという。その成果が滑り込みで手にした2年連続の全日本選手権切符。演技後の大庭は「私が今出せる力は出すことができました」と声を震わせていた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ