トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

GP2連勝のチェンが「スランプ」の宇野昌磨にエール「必ず答えを見つけて戻ってくる」

2019年11月3日 13時19分

優勝したチェン(中央)左は2位のサマリン、チェン、3位のエイモズ(AP)

写真

◇2日 フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ第3戦フランス杯・男子フリー(グルノーブル)

 世界選手権2連覇中で20歳のネーサン・チェン(米国)がショートプログラム(SP)、フリーともに1位の合計297・16点で第1戦のスケートアメリカに続いてGP2連勝を果たし、シリーズ上位6人で争われるファイナル(12月5〜7日・トリノ)進出を決めた。SP4位の宇野昌磨(21)=トヨタ自動車、中京大=はフリーもジャンプの転倒が相次いで136・79点の9位と振るわず、合計215・84点の8位に終わった。ファイナルを含むシニアGP13戦目で初めて表彰台を逃した。

 今季GP2連勝を飾ったチェンは「順位や結果には満足している。2大会ともミスがあったが、優勝できてとてもうれしい」と笑顔だった。SPもフリーも細かいミスはあったが、4回転ジャンプは、ルッツとフリップ、サルコー、トーループの4種類を跳び、SP、フリーで計6本を組み込むハイレベルのジャンプ構成だった。

 この日のフリーでは4回転トーループー1回転オイラーー3回転フリップの3連続ジャンプ以外のルッツ、サルコー、トーループの単独4回転3本で着氷が乱れて、出来栄え点で減点。それでも、演技構成点はただ一人9点をそろえるなど、32・06点差以上をつけて2位以下を圧倒する演技内容だった。

 コーチ不在で苦しむ宇野昌磨についても言及。「自分にとってコーチがいることは重要。アドバイスをもらったり、精神的にプッシュしてもらったりしている」と答える一方、宇野については「どの選手もスランプに陥ることはあるし、どんな原因であれ、トップ選手にも苦労する時期はやってくる。だから、宇野も必ず答えを見つけて(トップ争いの場に)戻ってくると思う」と復活を期待していた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ