トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

ジュニアGP第7戦欠場から復帰の松生理乃はSP8位「試合に出られたことがうれしい」

2019年11月2日 19時3分

ジュニア女子SPで演技する松生理乃

写真

◇2日 フィギュアスケート西日本選手権(滋賀県立アイスアリーナ)

 ジュニア女子ショートプログラム(SP)では、ジュニアグランプリ(GP)シリーズ第3戦ラトビア大会3位の松生理乃(15)=グランプリ東海ク=が56・11点の8位。冒頭の連続ジャンプの3回転サルコーー3回転トーループはいずれも回転不足とされたが、その後のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)と3回転ループはミスなくまとめきった。

 ジュニアGPシリーズは10月3日開幕の第7戦イタリア大会も出場を予定していたが、出発10日前の練習中にリンクで転倒し、臀部(でんぶ)を強打。内出血がひどかったため、出発前日に出場を取りやめた。この日が復帰戦だったことから不安もあったというが、まずまずの内容に「ここまでやれたのが収穫。試合に出られたことがうれしいです」とホッとした表情。「フリーでも今の自分ができる精いっぱいの演技をしたいです」と話していた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ