トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

SP4位と出遅れた宇野昌磨がGPシリーズ表彰台死守へジャンプ再調整「切り替える。4回転トーループとトリプルアクセルを跳んで着氷させたい」

2019年11月2日 18時35分

フリーに向けて公式練習を行った宇野昌磨

写真

 グランプリ(GP)シリーズ第3戦、フランス杯(グルノーブル)でGP今季初戦を迎えた宇野昌磨(21)=トヨタ自動車、中京大=は2日、男子フリー当日朝の公式練習を行い、前日の男子ショートプログラム(SP)で4位と出遅れる原因となった得意のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)と、4回転トーループの調子を取り戻しつつあった。

 曲かけではトーループの4回転―2回転の連続ジャンプと単独の4回転トーループ、トリプルアクセルをクリーンに跳んだが、2本目のトリプルアクセルは軸がゆがんで転倒。その直後に、両足にテープを巻き付け、再びトリプルアクセルからの3連続ジャンプを成功させ、昨日まで見られたジャンプを跳ぶ時の力みが取れて軽やかさがあった。

 曲かけが終わった後には、しっかりと跳びきったクリーンな4回転フリップを1本跳ぶなど、明るい兆しも。フリーに向け「切り替えなければいけない。(得点源となる)4回転トーループとトリプルアクセルを跳んで着氷させたい」と意欲を見せた。しっかりとフリーで挽回して、シニア転向後からGPシリーズでは一度も逃したことがない表彰台を死守したいところだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ