トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

畑崎李果 唯一の100点越えで優勝 直前の高熱にも負けず圧巻の演技を披露

2019年10月20日 22時30分

◇20日 フィギュアスケート・全日本ノービス選手権ノービスA女子(東京・ダイドードリンコアイスアリーナ)

ノービスA女子で優勝した畑崎李果

写真

 昨季は4位だった畑崎李果(13)=明治神宮外苑FSC=が103・47点で優勝した。冒頭の連続ジャンプの3回転ルッツ−3回転トーループをきれいに成功させると、その後のジャンプも大きなミスをすることなくまとめて、出場35選手で唯一の100点越えを決めた。 

 「いつもの大会よりも思い切って滑ることができました」と、2位の山根有加里(名東FSC)に10・59点差をつけたこの日の演技を振り返った畑崎。大会直前に高熱を出して寝込んだ日があったというが、その影響を全く感じさせない滑りには場内のファンはスタンディングオベーションでたたえた。将来は宮原知子(関大)のようなミスのない演技を目指すという畑崎は推薦出場が決まった11月の全日本ジュニア選手権に向け「もっと完璧な演技をして、110点を目指します」と意気込んでいた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ