トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

樋口は6位、山下は12位で初戦を終える 2人ともキスクラでは厳しい表情を崩さず

2019年10月20日 18時0分

写真

◇19日 フィギュアスケート・グランプリシリーズ スケートアメリカ(米国・ラスベガス)

 女子ショートプログラム(SP)3位の樋口新葉(19)=明大=はフリー6位の109・56点、合計181・32点の6位。SPで12位と出遅れた山下真瑚(16)=愛知・中京大中京高=は合計142・40点の12位で大会を終えた。

 樋口は冒頭のダブルアクセル(2回転半ジャンプ)を成功させたが、続く3回転ルッツで転倒。その後も予定していた3回転ループが2回転になるなどジャンプのミスが響き、SPのように得点を伸ばせなかった。一方、山下は冒頭のジャンプに選んだ3回転フリップで転倒。その後も3回転ルッツや3回転サルコーの着氷が乱れた。スピンはレベル4を獲得したがフリーは11位の96・19点となり、今大会は最後まで実力を発揮できない形となった。

 2人はこの日の演技に納得がいかない様子。キス・アンド・クライで得点を確認する間は厳しい表情を崩さなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ