トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

“悪女”演じる横井ゆは菜の国際大会シニア初戦は65・09点でSP3位…フィンランディア杯

2019年10月12日 13時16分

フィンランディア杯SPで演技する横井ゆは菜(AP)

写真

◇11日 フィギュアスケート・フィンランディア杯(フィンランド・エスポー)

 女子ショートプログラム(SP)は昨季全日本ジュニア女王の横井ゆは菜(中京大)が65・09点で3位。昨季ジュニアGPファイナルを制したアリョーナ・コストルナヤが77・25点でトップに立ち、トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させた2015年世界女王のエリザベータ・トゥクタミシェワが72・66点で2位とロシア勢が上位につけた

 シニアでの国際大会は今大会が初となる横井は冒頭の3回転フリップ−3回転トーループの連続ジャンプでフリップが踏み切り不明瞭、トーループが回転不足と判定されたが、ダブルアクセル(2回転半ジャンプ)、後半の3回転ルッツは加点がつくジャンプ。スピンやステップも最高難度レベル4を獲得するなどでジュニア時代を含めてSPの自己ベストをマークした。

 今年3月の世界ジュニア選手権は9位だった19歳は出発時に「ジャッジの方にどういう評価をしていただけるか楽しみ」と発言。今季のSPはテレビドラマ「黒い十人の女」のテーマ曲を自ら選び「悪女を演じたい」と話していたが、演技点も全体3位の28・52点だった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ