トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

モラハラ問題で渦中の織田信成さんが解説で登場  軽快なトークを展開も問題については言及せず

2019年10月6日 22時41分

会見でトークを展開する織田信成さん

写真

◇6日 フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ会見(東京都内)

 リンク内でのモラハラ行為などのため関大スケート部監督を辞任したと主張している織田信成さん(32)が解説者としてGPシリーズに向けた会見に出席した。

 織田さんは会見の冒頭で今季のフィギュアスケート界について「すごく進化している。ちょっと、ものすごいことが起こるかもしれないです」とコメント。さらに、女子の横井ゆは菜(中京大)に「名古屋の大砲」というニックネームをつけるなど軽快なトークを展開した。しかし、問題について会見で語ることはしなかった。さらに、終了後も集まった報道陣に対応せず、5日のジャパン・オープンやカーニバル・オン・アイスと同様に、今回の問題についてのコメントはなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ