トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

山下真瑚「NHK杯では恥ずかしくない演技を」 今季苦しんだ足の痛みは回復中 調子は上向き

2019年10月6日 21時35分

NHK杯に向けた抱負を語る山本真瑚

写真

◇6日 フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ会見(東京都内)

 GPシリーズの第1戦・スケートカナダと第6戦・NHK杯に出場する女子の山下真瑚(愛知・中京大中京高)は「まずスケートアメリカで自分ができることをしっかりやり、NHK杯では恥ずかしくない演技をすることができたらと思います」と静かな闘志を燃やした。

 シニア1年目だった昨季はスケートカナダで2位に入った。しかし、今季はオフからの両足甲の痛みで満足がいく練習ができず、9月のネペラメモリアル(スロバキア)でも6位に終わった。幸い、足の状態はジャンプの練習で我慢できるようになるまで回復。調子が上昇カーブになったことを感じているようで「下から上がってくる選手に負けないような強い気持ちで試合に臨みます」と話していた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ