トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

シニア転向「待ち遠しかった」ロシアの新鋭・トルソワが「満足」の4回転4本

2019年10月5日 19時3分

ジャパン・オープンでの演技を終え声援に応えるトルソワ

写真

◇5日 フィギュアスケート ジャパン・オープン(さいたま市・さいたまスーパーアリーナ)

 女子で今季からシニアに参戦しているアレクサンドラ・トルソワ(15)=ロシア=が3種類4本の4回転ジャンプを着氷させ、160・53点で1位となった。トルソワは冒頭のジャンプで4回転サルコーを成功させると、続いて4回転ルッツ、4回転トーループー3回転トーループの連続ジャンプもきれいに着氷。後半の1本目のジャンプに選んだ4回転トーループからの3連続ジャンプは少し乱れて出来栄え点(GOE)が減点されたものの、日本でのシニア初試合を終えたトルソワの演技を場内を埋めたファンはスタンディングオベーションでたたえた。

 終了後のトルソワは少しはにかみながら「4回転ジャンプを4本できたことはうれしい。今日の滑りに満足しています」とコメント。「シニアでデビューすることが待ち遠しかった。改善すべきところはこれから修正したい」と話していた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ