トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

山下真瑚 両足甲の痛みに耐えて3位発進 げんさんサマーカップ女子SP

2019年8月11日 17時35分

女子SPの演技を終えて歓声に応える山下真瑚

写真

 フィギュアスケート女子で、昨季のグランプリ(GP)シリーズ・スケートカナダ2位の山下真瑚(16)=愛知・中京大中京高=が11日、大津市の滋賀県立アイスアリーナで行われた地方競技会「げんさんサマーカップ」の女子ショートプログラム(SP)に出場し、61・12点で3位スタートした。

 痛みに耐えた。5月ごろから苦しむ原因不明の両足甲の痛みがいまだに消えない影響で、思うような練習がなかなかできなかったという山下。この日はジャンプの構成を大幅に落としたが、昨季と同じSP曲「セビリアの理髪師」に乗って、冒頭の連続ジャンプの3回転サルコー―3回転トーループなどのプログラムを披露した。

 演技後の山下は「まだ足(の状態)が良くなくて…。(3回転)サルコー―トーループであれだけフラフラになったのに点数をもらえてよかった」とホッとした表情。両足甲の痛みが残っていて苦しい状況に変わりはないが、12日のフリーに向けて「自分ができることを精いっぱいやりたい」と気持ちを前に向けた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ