トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 紙面から一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

前人未到の5回転は… 宇野昌磨「想像以上に難しい」

2019年5月7日 紙面から

トークショーに参加した宇野昌磨=横浜市で

写真

 フィギュアスケート男子で平昌冬季五輪銀メダリストの宇野昌磨(21)=トヨタ自動車、中京大=が6日、横浜市内でトークショーに参加し、基礎点が設定されていない前人未到の5回転ジャンプに4月末の練習で初挑戦したことを明かした。種類はトーループで「体が動いている時でも4回転半回ったかなくらい。想像以上に難しい」と率直な感想を口にした。

 超大技への本格挑戦について「優先度は低い」と改めて強調。オフシーズンは海外で長期合宿に臨む意向を示し「まずは4回転のルッツとループといった(新たな)武器を備えた上で、5回転は楽しみとしてやりたい」と話した。

 トークショーには2000人を超えるファンが集まり、握手会も実施。来季のショートプログラムとフリーのプログラムについての質問には「曲は決まったけど、まだ言えない」と語った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ