トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

坂本は今季自己ベストで3位

2019年4月14日 紙面から

演技を終え、笑顔を見せる坂本花織

写真

◇世界国別対抗戦<第3日>

 安堵(あんど)の思いを隠せなかった。坂本は前半の3回転ルッツ以外は大きなミスをせず、今季自己ベストを更新する146・70点。リンク上で両手で顔を覆うしぐさを見せた後には、ホッとしたような笑みを浮かべた。

 「滑り終わった気持ちは『怖かった〜』というのとか、『ジャンプ、全部跳んだよな』というのとか…。いろいろありましたね」。偽らざる心境を口にした後には「この試合で今季は最後なのでベストを尽くそうと思った」と声を弾ませた。

 四大陸選手権や世界選手権はフリーのミスで心が折れて、表彰台を逃した。しかし、この日は耐え続けた。「ほんのちょっと成長したのかなぁ」と語った坂本。ロシアの4回転ジャンパーがジュニアから次々上がってくる来季。「負けじとピョンピョン跳んでやろうと思います」と19歳の全日本女王も負けてはいない。 (川越亮太)

演技を終え、悔しい表情を見せる坂本花織

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ