トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

紀平“最高の相棒”で最高の結果出す

2019年3月26日 紙面から

 最高の結果でシニア転向1年目のシーズンを締めくくる。初出場Vを狙った世界選手権では4位。国際大会の連勝が6でストップした紀平は「福岡の試合は悔しさを晴らす場でもあるので…。(チームの)足を引っ張らないよう、いい演技をしたい」と気合を入れると“相棒”をリニューアルすること明かした。

 2位だった昨年12月の全日本選手権と同じように靴の調整に苦しみ、ジャンプの失敗につながった。苦い経験を繰り返さないため、世界選手権の時より硬い種類の靴を試して、国別対抗戦での演技に備えていく。

 「硬ければそんなによれないので、跳び方を変えないといけないということがなくなる。いち早く慣らして、国別対抗戦までいこうと思います」

 もちろん、狙うのは世界選手権のフリーで決められなかった2本のトリプルアクセル。「すごく難しいことですけど、入れるからには…。練習の成果を出せるようにしたい」。さいたまの借りを福岡で返す決意は増すばかりだ。(川越亮太)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ