トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

連覇懸かるチェン、唯一100点台

2019年3月22日 紙面から

男子SPでただ一人となる100点台をたたき出したネーサン・チェン(戸田泰雅撮影)

写真

◇世界選手権<第2日>男子SP

 最終滑走で登場した昨年の世界王者は滑り終えると、右手で拳を握りしめた。チェンは100点の大台にただ一人乗せて首位発進。ライバルとなる羽生や宇野に10点以上の差をつける圧巻の演技を見せ「とても満足している」と笑顔だった。

 軽快なジャズの曲に合わせた切れのある動きで観客を引きつけた。冒頭のジャンプでミスした羽生、宇野とは対照的にトリプルアクセルを決めて流れに乗った。「4回転キング」と呼ばれる米国の第一人者は高難度の4回転ルッツで着氷をまとめ、後半に4回転−3回転の2連続トーループをきっちりと成功した。

 表現面を示す演技点で羽生を下回ったが、技術点では他を圧倒。グランプリ(GP)ファイナルとの2年連続2冠にぐっと近づいたが「いいことも悪いことも過去は過去。高みを目指して、フリーで自信を持って演技できるようにしたい」と慢心はなかった。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ