トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

羽生、公式練習で最終調整 最終6組最初の30番滑走

2019年3月21日 紙面から

公式練習で調整する羽生結弦(木戸佑撮影)

写真

 いよいよ、決戦のリンクに立つ日がやって来る。羽生結弦(24)=ANA=は20日、公式練習に登場。21日のSPに向けて最終調整した。

 午後5時5分にサブリンクに入ると、フリーの曲をかける前に4回転サルコーなどSPの内容を確認。4回転ループの転倒に場内から悲鳴があがったが、曲をかけた後にはきっちり修正。終盤には突如、氷上でY字バランスを決めるなど余裕交じりの練習となった。

 その後は滑走順抽選でくじを引いた。決まった滑走順は30番。最終6組の最初に滑るが、金メダルを獲得したソチ五輪や平昌五輪はグループ1番手だった。しかも、31番の宇野昌磨や35番のネーサン・チェン(米国)より先となるだけに、重圧もかけられる。運も味方したような順番だ。

 今大会は宇野、チェンとの“3強対決”のムードが漂う。20日の会見で「心の炎が大きな箱で光って暴れ回っている」と語るように、気持ちも最高潮。ライバルに強さをみせつけ、頂点に近づく。 (川越亮太)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ