トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

紀平、世界選手権に向け不安解消 脱臼薬指にギプス

2019年2月16日 紙面から

練習を公開した紀平

写真

 フィギュアスケート女子で3月の世界選手権(さいたま)に出場する紀平梨花(16)=関大KFSC=と宮原知子(20)=関大=が15日、大阪府高槻市内で練習を公開。紀平は優勝した四大陸選手権(米カリフォルニア州アナハイム)の公式練習で亜脱臼した左手薬指を保護するプラスチック製のギプスを報道陣に見せつつ、不安を感じずに練習できていることを強調。宮原はベストを尽くして上位進出することを誓った。

 世界選手権への視界は良好だ。紀平の左手薬指には第二関節までベージュ色の器具がはめられていた。帰国後に受けた精密検査の際に作ってもらった円筒形のプラスチック製ギプス。練習後にそのことを問われると、ほほ笑みつつ「指は少しずつ痛みもましになってきたので、しっかり調整していこうかなと思います。装置も作ってもらって、大分やりやすくなりました」と語った。

 言葉通り、練習の最後には代名詞のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を5度着氷。「(四大陸選手権の時と)同じことになっても指が絶対に反らないので、こけてもまだ大丈夫という安心感があります」と明るい表情だった。

 世界選手権は、21日からのチャレンジ・カップ(C・C、オランダ)を経て出場する今季最大の目標。シニア1年目の今季はGPファイナル、四大陸選手権と制してきたが、世界選手権はやはり別格のようで「一番重要な試合なので、そこを勝たないと」。十分な練習ができなければ、満足いく結果は生まれない。だからこそ、早めの対策を取り、懸念を消した。

 しっかりと先も見据える。C・C後は、1月に続き米コロラドスプリングスで10日間の合宿を実施。来季までの習得を目指す4回転サルコーの練習を中心に鍛錬を続ける。忙しい日々は続くが「調子を落とさずに世界選手権に臨みたい」。その歩みは揺るがない。 (川越亮太)

練習の後、左手の薬指について話す=大阪府高槻市で(いずれも川北真三撮影)

写真

◆宮原、3A習得に意欲

 宮原は練習の最後で習得を目指しているトリプルアクセルに取り組むなど、意欲的に滑り込んだ。優勝したババリアン・オープン(ドイツ)の直後とあって時差ぼけが残っているというが「状態は悪くない」と現状を自己分析。

 世界選手権に向けては「これからの練習で、プログラムの中できっちり要素をこなすことが大事。自分のスケートをしっかり見せられるように、残りの1カ月で、できる限りの練習をしていきたい」と静かに闘志を燃やした。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ