トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

昌磨、気持ちは世界選手権 羽生、チェン倒して喜び味わいたい

2019年2月13日 紙面から

四大陸選手権で優勝し、帰国した宇野昌磨=成田空港で(斉藤直己撮影)

写真

 フィギュアスケートの四大陸選手権(米アナハイム)で初優勝した男子の宇野昌磨(21)=トヨタ自動車、中京大=と女子の紀平梨花(16)=関大KFSC=が12日、成田空港着の航空機で帰国した。ともにフリーでの逆転で大会を制した2人は金メダルを胸に満面の笑み。今後の最大の目標となる3月の世界選手権(さいたま)に向けた思いを新たにしていた。

 目はもう、次の舞台を向いていた。「自分へのご褒美」という四大陸選手権優勝の味をあらためてかみしめた宇野。多くの報道陣が待ち受けているのを見て、「優勝と準優勝では違いがあるんだなと思いました」と語ると、世界選手権に向けて気持ちを引き締めた。

 「世界選手権は結果を求めて、試合をやっていきたい。1位を目指しての練習にこれから取り組んでいきたいです」

 これまでの宇野は「自分が満足するために後悔しないために練習してきた」という。明らかな変化が芽生えた。

 四大陸選手権を制した達成感は、それほど大きくはない。昨年12月の全日本選手権で右足首を捻挫した影響から、多くの練習を積んで臨めなかった。フリーで三つの4回転ジャンプを決めたが、4回転サルコーは回避した。世界選手権まで1カ月。納得いくまで練習した上で、羽生結弦(ANA)やネーサン・チェン(米国)ら強力なライバルを倒せば、心の底から喜ぶことができるはず。こう思うからこそ、言葉に力を込める。

 「(世界選手権は)もっと大きなうれしさがあるんじゃないか…。四大陸選手権の少しのモヤモヤは世界選手権にぶつけたい」

 幸い、右足首の痛みは消えた。全日本選手権から患部に巻き続けたテーピングも今後は薄くすることができそうで、視界は良好だ。「新しいことをやろうとは思わない。今までのことをやり続けるだけ」。納得いくまで氷上で鍛錬を積み、ライバルとのハイレベルな戦いに臨む。 (川越亮太)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ