トップ > 中日スポーツ > フィギュア > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【フィギュア】

本田望結、SP7位でフリー進出 全国中学校スケート大会

2019年2月5日 紙面から

女子SPで7位の本田望結=ビッグハットで(野村和宏撮影)

写真

◇全国中学校スケート

 第39回全国中学校スケート大会第3日は4日、長野市のビッグハットなどで行われ、フィギュアは女子ショートプログラム(SP)で女優業との「二刀流」を続けている本田望結(みゆ、大阪・関大中)がB組5位の53・24点で、全88選手中7位でのフリー進出を決めた。総合1位はB組1位の61・15点をマークした岡田芹菜(兵庫・宝塚光ガ丘)。男子SPは68・62点の佐藤駿(埼玉栄)が1位となった。5日は男女のフリーを実施する。

 大きなプレッシャーに負けず、最後まで滑りきった。本田は冒頭の3回転フリップの踏み切りでミスをしたが、そのほかは無難にまとめて53・24点。総合7位でのフリー進出に、安堵(あんど)の表情を見せた。

 「すごく緊張感があってジャンプの記憶とかがない感じですが、今は終わって、ほっとしています」。中学2年の今年はSPの順位、点数ともに昨年よりアップ。女優業を兼ねながらも成長の跡をみせただけに「強がらず気取らない状態で試合に臨めました」と納得の口ぶりだった。

 出発前、3歳下の妹で、現在はノービスで活躍する紗来から手紙を受け取った。「上から目線で書いていました」という文面には「望結は望結やから」という言葉があった。これで自分らしさを取り戻したそうで「素直な状態」と振り返る演技につながった。

 今大会はフリーで転倒してSPの9位から12位に順位を落とした昨年11月の全日本ジュニア選手権の雪辱を目指している。5日のフリーではSP以上の順位が目標。最後は「ちゃんとまとまった演技ができれば」と力強い口調で抱負を語った。 (川越亮太)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ