トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

FC東京、法大卒ルーキー・紺野 ACLに続きチームを活性化

2020年2月24日 紙面から

◇J1第1節 FC東京3−1清水

 FC東京は3−1で清水に逆転勝利。後半開始早々に先制を許したが、FWディエゴオリベイラ(29)のPKで追いつくと、後半35分、自陣からの逆襲で最後は途中出場のFWアダイウトン(29)が決めて勝ち越しに成功した。同ロスタイムにはFWレアンドロ(26)が自ら得たPKを決め、ダメ押しした。昨季王者の横浜Mは1−2でG大阪に敗れ、黒星発進。FC東京は29日の第2節で、横浜Mとホーム・味の素スタジアムで対戦する。

 紺野は2−1と勝ち越した後に右MFで途中出場。ロスタイムも含め15分弱のプレーだったが「仕掛けるところと時間をつくるところとうまく使い分けができた」との言葉通り、持ち前のキープ力を発揮して“逃げ切り”に一役買った。アジア・チャンピオンズリーグ1次リーグ第2戦・対パース(18日・味スタ)でも途中出場で攻撃を活性化させた“法政のメッシ”。安部、中村帆も含め大卒新人がチーム合流後2カ月未満ながら輝きを放っている。

 ▽FC東京・長谷川監督「なかなかスイッチが入らなかったが、交代が流れを変えた。迫力あるプレーが出てチームもよみがえった」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ