トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

FC東京・高萩 ウェスタン・シドニー時代の恩師に「成長した姿を見せる」

2020年2月16日 18時24分

恩師との対戦を心待ちにするFC東京のMF高萩(クラブ提供)

写真

18日にパースとACL1次リーグ第2戦

 FC東京のMF高萩洋次郎(33)が16日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグ第2戦(18日・味スタ)・対パース(オーストラリア)での必勝、“恩返し”を誓った。

 敵将トニー・ポポビッチ監督(46)=元広島=は、高萩がウェスタンシドニー(同)に在籍した時(2015年1月から半年間)の指揮官。当時を振り返り「自分を受け入れてくれた監督なので感謝の気持ちは大きい。僕が話す英語は拙かったけど、本当に優しく接してくれた。アジアでチャンピオンになった監督なので、勝負師の一面もあった」と懐かしそうに語った。

2001年コンフェデ杯準決勝の日本戦にオーストラリア代表として出場した現パースのポポビッチ監督(中)。左は上村健一、右は川口能活

写真

 高萩が加入する前の14年にはオーストラリアのチームとしては初めて、また唯一となるACL王者へとチームを導いた名将で、当時から組織的なサッカーが身上だった。18年からパースを率い、18〜19シーズンのレギュラーシーズンでは1位にも輝いている。

 ただ、約5年ぶりとなる再会の場は真剣勝負。感傷に浸ってばかりもいられない。高萩は「サッカー界は狭い。すごく縁を感じるし、あのときよりも成長した姿を見せたい」と力を込めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ