トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

FC東京、ACL初戦はドロー ディエゴ弾で先制もオウンゴールで勝ち点1獲得にとどまる

2020年2月12日 紙面から

後半19分、先制ゴールを決め、チームメートに祝福されるFC東京・ディエゴオリベイラ(左から2人目)

写真

◇ACL1次リーグ FC東京1−1蔚山

 【蔚山(韓国)馬場康平】サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)1次リーグF組のFC東京は11日、当地で蔚山と1−1で引き分けた。後半19分にFWディエゴオリベイラ(29)の左足シュートで先制したが、同37分にオウンゴールを献上した。第2戦は18日、ホーム・味スタでパース(オーストラリア)と対戦する。日本勢は12日、同G組の神戸がホームでジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)と、同H組の横浜Mが敵地で全北(韓国)と顔を合わせる。 (時間は非公式)

 青赤軍団は4年ぶり3度目のACLへの船出となる一戦で、敵地から勝ち点1を持ち帰ることに成功した。

 ブラジル人3トップの連係から先制に成功し、4−3−3の新布陣もまずまず機能と前向きな要素も多く、長谷川監督も「勝てなかったことは悔しいが、敵地での勝ち点1は悪くない結果」と及第点を与えた。

 0−0のまま折り返した膠着(こうちゃく)した試合を動かしたのは、今季新たに最前線に結成された魅惑のトリオだった。

豊富な運動量で躍動したFC東京・安部(右)(共同)

写真

 後半19分にFWアダイウトンが体の強さを生かして頭でボールを落とす。それをFWレアンドロが受けると、ディエゴオリベイラが呼応するようにギアを上げてゴール左のスペースへと走り込んだ。そこへ「彼(オリベイラ)の動きだしはイメージできていた」(レアンドロ)と鮮やかなスルーパスが通った。

 左足で逆サイドを狙ったシュートは相手GKの股間を抜けてゴール右へ吸い込まれ、頼れるエースは「本当にいいパスだったよ。確かに3人で奪った得点かもしれないけど、あれは全員で奪ったゴールだね」と胸を張った。

 しかし、この1点を守りきることはできなかった。同37分に警戒していたセットプレーからオウンゴールで失点し、1−1で試合終了の笛を聞いた。

 長谷川監督は「それでも、こういう戦いによって成長できる。一つ前進できた。引き分けに満足することなく次は勝ち点3を取れるようにしたい」と手応えたっぷりに語った。

後半、指示を出すFC東京・長谷川監督=蔚山で(いずれも共同)

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ