トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

トゥーロン国際から帰国の岡崎が合流 東京五輪へアピール継続

2019年6月21日 紙面から

トゥーロン国際大会から帰国後初の全体練習に合流したDF岡崎=小平グラウンドで

写真

 トゥーロン国際大会(フランス)に出場していたFC東京のDF岡崎慎(20)と波多野豪(21)が20日、帰国後初めてチームの全体練習に合流した。惜しくもU−22ブラジル代表にPK戦で敗れたが、同大会で史上初めて決勝進出を果たした。岡崎は、その予選から全5試合にフル出場し、守備の要として準優勝に貢献した。

 岡崎は「何よりも5試合フル出場できたことが大きい」と振り返った。U−22日本代表の主力の多くは南米選手権に出場しており、「目に見える結果を出したかった。いつもの常連組は南米選手権に回ったが、僕たちは失うものはなかった。準優勝は一人ひとりの評価につながる。これで少しはあいつらもできると証明できたと思う」と反骨心が快進撃の源泉だったことを明かした。

 東京五輪のメンバー発表まで約1年。18人枠を懸けた、椅子取りゲームは激しさを増していく。アピールの場も限られるだけに、Jリーグでの活躍が欠かせない。岡崎は「まずは東京で試合に出て活躍したい」と力を込めた。 (馬場康平)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ