トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

【日本代表】久保がA代表デビュー 史上2番目の年少出場で会場沸かす

2019年6月10日 紙面から

日本−エルサルバドル 後半、シュートを放つ久保=ひとめぼれスタジアム宮城で(戸田泰雅撮影)

写真

 宮城ひとめぼれスタジアムで9日夜に行われた、サッカーの国際親善試合「キリン・チャレンジカップ」日本−エルサルバドル戦で、Jリーグ1部(J1)FC東京に所属するMF久保建英がA代表デビューを飾った。18歳と5日は史上2番目の年少記録。後半20分すぎにMF南野(ザルツブルク)と代わり、トップ下でピッチに立つと、果敢なドリブル突破で相手ゴールを急襲。また、精度の高いスルーパスなど非凡な攻撃センスを披露し、3万8092人が詰めかけた会場を何度となく沸かせた。試合は日本が2−0で快勝した。 

 「日本代表になりたい」と、幼いころに夢見た瞬間がついに訪れた。後半22分、久保に声が掛かると、スタジアムは大歓声に包まれた。森保監督からは「楽しんでやってきて」と背中を押され、中島とともにタッチライン際に並んだ。

 「スタジアムはオープンな感じだったのに、メッチャ、ワーッて聞こえた。ヒシヒシと期待を感じました」。最大の見せ場はすぐ訪れた。投入から6分後、大迫勇のスルーパスに抜け出すと、相手DF2人の間を切れ味鋭くかわし、得意の左足を振った。

 「『ここは行こうかな』って2人の間に入ったらいい感じで抜けた。シュートは巻こうと思ったんですけど、ちょっと浮き上がらなかったので、そこは残念です」。ゴール左上を狙ったシュートだったが、ボールは思うような軌道を描けず、相手GKの正面を突いた。その後も久保のプレーの数々に会場は嘆息と歓声が交互に湧き起こった。

 「これだけうまい選手たちが集まれば、一人ぐらい誰が入っても違和感なくやれるだろうと思っていた。短い時間だったけど、自分がやれることは示せたのかなと」。15年にバルセロナから帰国し、FC東京U−15むさしに加入した。そこで指導した、元日本代表の中村忠監督(現・FC東京U−18監督)は「すぐに輪の中に入っていける人間性がもっともすごい。自分の存在を言葉でもプレーでも表現できる。それは、日本人では非常に珍しい」と評した。

 その性格がこの日もよく表れていた。代表デビュー戦にもかかわらず、普段通りの堂々としたプレーを最後まで披露した。中村監督は「(中島)翔哉は若いころ世界一を目指すと公言していた。タケ(久保)はそれを口にはしないが、いつか世界一になりたいのだと周りも思っている。それが本当にすごい」と付け加えた。

 南米の猛者との真剣勝負が待ち受ける。「強い相手の方がいい。そこで活躍できれば自信になるので」。11日に飛び立つ南米選手権で、さらなる驚きを今度は世界に与える。 (馬場康平)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ