トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

長谷川監督、まな弟子・片野坂監督に負けない! 6・1大分戦

2019年5月29日 紙面から

大分・片野坂監督との師弟対決を心待ちにする長谷川監督=小平グラウンドで

写真

 FC東京の長谷川健太監督(53)と、大分の片野坂知宏監督(48)による師弟対決が、次節の本拠地戦(6月1日・味スタ)で実現する。2人はG大阪時代の2014年から監督とコーチとして2年間ともに闘い、同年には国内3冠を達成している。長谷川監督は前節今季初黒星を喫し、連敗は絶対に避けたいところ。同監督が「楽しみ」という“まな弟子”との対決を制し、首位キープを目指す。

 かつての右腕が、敵将として立ちはだかる。今節対戦の大分を率いる片野坂監督は、G大阪指揮官時代の長谷川監督を2年間ヘッドコーチとして支えた参謀だった。

 長谷川監督は、「思い出はたくさんある」と言い、こう続けた。

 「人間的にも素晴らしく、ユーモアもある監督だと思う。2年間一緒に闘ったし、その前に森保監督のもとでもコーチとしてタイトルを取っている。J3から着実にJ1へとチームを昇格させてきた。戦術だけでなく、人としての魅力がなければ選手に信頼はされないし、チームは劇的に変わらない」

 今季の大分は、J2から昇格1年目にもかかわらず、現在4位につけ、J1で旋風を巻き起こしている。

 「カテゴリーを上げて成績を残すことは簡単ではない。(上位に進出しているのは)片野坂監督がJ1仕様のチームをつくっているからこそ。難しい試合になると思う」

 ただし、花を持たせるわけにはいかない。前節C大阪戦で今季初黒星を喫し、連敗だけは絶対に避けなければならないからだ。

 「本来ならば敗れてから対応するのでは遅い。先手を打たなければいけない。次の試合が大事になる」

 勝利の美酒をともに味わった師弟が初めて監督として顔を合わせる。悲願のリーグ制覇へ、まな弟子相手にここでつまずくことはできない。 (馬場康平)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ