トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

【試合詳報】お待たせ! 久保建、今季初弾は芸術ボレー 東京無敗継続

2019年5月13日 紙面から

FC東京−磐田 お笑いコンビ「チョコレートプラネット」とTTポーズをとるFC東京・久保建(中央)=味の素スタジアムで(武藤健一撮影)

写真

<J1第11節 FC東京1−0磐田> FC東京がMF久保建英(たけふさ、17)の今季初ゴールで磐田を1−0と撃破。0−0で迎えた後半39分、左CKからのこぼれ球を左足ボレーで右隅にたたき込んだ。FC東京は開幕からの無敗記録を11試合に伸ばし、勝ち点27で首位を堅持した。名古屋は2−0で浦和に快勝。昨季の得点王、FWジョー(32)らが得点した。 

 試合を決めたのは、17歳の左足だった。久保建が待望の今季初ゴール。歓喜の瞬間は0−0で迎えた後半39分だった。左CKのこぼれ球に背番号15が素早く反応。左足を振り抜き、豪快な決勝ボレー弾でゴールネットを揺らした。この1点が決勝点となり、チームは11戦無敗とホーム全勝を継続。首位もがっちりキープした。

 「誰かが何とかしなきゃいけない中で、その誰かが自分であったことを非常にうれしく思う」。歓喜に沸く中で、試合ゲストだったお笑い芸人のチョコレートプラネットの「TT兄弟」のパフォーマンスまで披露する独壇場。「試合前に広報の方から決めたらやってねと言われていた。これで広報の株も上がったんじゃないですか」と報道陣の笑いを誘った。

 そして、この今季初ゴールは、ケガで苦しむ下部組織時代からの先輩への“退院祝い”でもあった。久保建の3歳上で、FC東京U−18時代から仲の良い鈴木喜丈が、昨年に続いて4月上旬に左ひざを手術。完全復活に向けて一人地道なリハビリを続けている。

 その鈴木には、この第11節でゴールを決める予感があったという。以前から久保建に冗談交じりに「第11節までゴールはない」と話していた。そして、試合前日の11日に退院し、久保建から連絡を受けた鈴木は「明日はスーパーゴールを決める」と予告した。

 これには周りの選手も「すごい」とビックリ。久保建は「半分は言い過ぎだけど、3割ぐらいは喜丈君のおかげ。これからいろんなことを占ってもらおうかな」と笑った。まさに味スタが久保建劇場と化した1日。若きスターの価値ある一撃でFC東京がさらに波に乗る。 (馬場康平)

 ▽FC東京・長谷川監督(久保建について)「シュート技術はうちのチームの中でもトップクラス。あのへんはさすがだなと思います。ただ、各チームとも彼の対策をしてきている。今後は(起用法などを)少し考えないといけないなと思います」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ