トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

ディエゴオリベイラ、鹿島戦で3戦連発だ!

2019年4月14日 紙面から

3戦連発の期待が懸かるFWディエゴオリベイラ(手前)=小平グラウンドで

写真

 FC東京はJ1第7節最終日(14日)、本拠地・味スタで鹿島と対戦する。浦和、清水戦に続き3戦連発の期待が懸かるFWディエゴオリベイラ(28)は「非常に難しい試合になるが、勝利のために貢献したい」と意気込んだ。3月27日に長男・ニコラス君が誕生してから絶好調のパパ・ストライカーが昨季のアジア王者を倒し、首位の座奪還の旗頭となる。

 青赤のエースが止まらない。ディエゴオリベイラは愛息が誕生してからゴールを連発。新米パパは、好調要因を笑顔でこう口にした。

 「子どもが産まれる前からチームのために最高の貢献をしたいと思ってきた。それは変わらないよ。だけど、新たなモチベーションになっているのは確か。チームとしても自信を持ってできているし、それが前節(清水戦)の逆転勝利にもつながった」

 長男誕生後初の試合となった、先月30日の浦和戦(埼スタ)でゴールを挙げ、ゆりかごパフォーマンスを披露すると、続く6日の清水戦でも値千金の決勝弾を奪うなど、幸せ続きだ。

 「生まれてすぐに取ったゴールは子どものためにプレゼントしたいと思っていたんだ。大きくなったら、あの時の映像を見せてあげたいね」

 息子思いの点取り屋は「新たなモチベーションがあるんだ」と言い、こう続けた。

 「気温が暖かくなって、もう少し大きくなったら抱いて一緒にピッチに入場したいと思っているんだ。それを今から楽しみにしているんだ」

 鹿島は直近のACLで劇的な逆転勝利を敵地で収めるなど本来の勝負強さを発揮しつつあるが、今のDオリベイラはそう簡単には止められない。「難しい試合だけど、勝ちたいね」。幸せオーラを身にまとい、パワーアップしたストライカーが昨季のアジア王者も粉砕する。 (馬場康平)

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ