トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

久保建「浦和に苦手意識ありません」 16年ぶり埼スタ白星だ!

2019年3月30日 紙面から

埼スタでのFC東京16年ぶり勝利を狙うMF久保建=東京・小平グラウンドで

写真

 U−22日本代表のFC東京MF久保建英(17)は29日、チームの練習に合流した。28日にU−23アジア選手権予選が行われたミャンマーから帰国し、30日の敵地・浦和戦の遠征メンバー18人にも入り、リーグ戦では2003年を最後に14戦2分け12敗と、勝利がない埼玉スタジアムに乗り込む。成長著しい17歳が、4戦負けなしで首位を走る青赤軍団の攻撃をけん引して鬼門突破を目指す。

 17歳が、15年間の負の連鎖を断ち切る。埼スタでは過去2勝12敗2分けで、03年以来勝利がない。久保建は、浦和で勝てていない過去を「あまり知らない」と言って、こう続けた。

 「いい意味で、そういう選手がいることがプラスになればいい。特に苦手意識もないですし」

 今季は開幕戦からリーグ全4試合に先発出場を続け、チームも4戦負けなしで首位を走る。その勢いのまま、鬼門となる埼スタに乗り込めばいいと言う。

 「重要な一戦ですけど、(シーズン中の)1試合であることに変わりはない。そういう歴史とかを引きずらずに、今の自分たちの勢いをそのまま出せればいい」

 26日までU−22日本代表の一員としてU−23アジア選手権予選の3試合を戦った。東ティモール戦で直接FK弾と、鮮やかなボレーシュートを決めるなど、2得点を挙げてチームの予選突破にも貢献した。

 「点を取る感覚とかは、そのまま還元していければいいと思う。FKもこの前も決めているので、次もどんどん狙っていきたい」

 今季初得点の期待も懸かる中、「ゴール、ゴールと追い求めすぎず、あまり何も考えていない方が入ったりする。早く取って楽になりたい気持ちもあるけど、チームが勝てればいい」と、周囲の喧騒(けんそう)をよそに17歳はどこまでも冷静だった。 (馬場康平)

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ