トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

久保建、飛び級招集再び U-22に「素直にうれしい」

2019年3月15日 紙面から

久保建英

写真

 日本サッカー協会は14日、U−23アジア選手権予選(3月22〜26日・ミャンマー)に臨むU−22日本代表メンバー23人を発表した。17歳のMF久保建英(FC東京)が飛び級で選ばれ、DF板倉滉(フローニンゲン)、中山雄太(ズウォレ)らは順当に選出された。東京五輪に出場する中核世代のチームで、日本は22日にマカオ、24日に東ティモール、26日にミャンマーと対戦する。

 FC東京のMF久保建がチームメートの田川らとともにU−22日本代表に飛び級選出された。14日のクラブでの練習後、昨年11月のUAE遠征に続いての招集に「素直にうれしく思う」と喜びを語った。

 今季は開幕戦からトップチームで先発の座を勝ち取り、ここまでのリーグ3試合に出場。10日のホーム開幕戦となった鳥栖戦では、ダメ押しとなるチーム2点目を演出した。そうした活躍が認められた形だが、東京五輪本大会メンバーの18人への生き残りを懸けた、サバイバルレースもいよいよ本格化する。

 久保建は「(五輪代表では)まだ主力だとは思っていない。ここから競争が始まると思う」と口にしてこう続けた。

 「まずは週末の試合が大事なので、その試合に向けてFC東京の選手として準備をしていくだけ。(代表のことは)ミャンマーへの飛行機の中で考えたい」。今週末に控える名古屋との首位決戦に勝ち、気持ち良く機上の人となるつもりだ。 (馬場康平)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ