トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

【試合詳報】ポスト直撃FK 久保、連覇王者ビビらせた! 多摩川クラシコドロー

2019年2月24日 紙面から

川崎−FC東京 後半、昨季J1のMVP・家長(右)を交わし攻め上がるFC東京の久保=等々力で(平野皓士朗撮影)

写真

<J1第1節 FC東京0−0川崎> FC東京は、史上2度目の3連覇を狙う川崎との“多摩川クラシコ”で0−0で引き分けた。MF久保建英(17)が先発し、直接FKを左足で狙ったが惜しくも右ポストを直撃。川崎に押し込まれる展開の中、速攻を仕掛けるなど強烈な存在感を発揮した。

 日本サッカー界の将来を背負う原石が、まばゆい光を放ち始めた。J1開幕戦では、史上3番目の若さとなる17歳8カ月19日で先発出場すると、進化した姿を見せつけた。

 見せ場は前半41分。ペナルティーエリアの右角付近で直接FKを獲得すると、ボールをセット。「位置的に狙えるかなと思った」ところに、隣に立った東から「打ってもいいんじゃない」と声が掛かる。その言葉で迷いが消え、短い助走から左足をふり抜いた。「蹴った瞬間入ったと思った」というボールは、弧を描いてゴールへと向かう。川崎GK鄭成龍(チョン・ソンリョン)は動けない。コース、スピード共に完璧なシュートだったが、惜しくも右ポストをたたいた。久保は「イメージだともう少し左だった」と天を仰いだ。

 この日は、元日本代表DF車屋のドリブル突破を阻止するなど、課題と言われてきた守備でも光るプレーを見せつけた。

 その存在感に、長谷川監督も試合後、「素晴らしいの一言」と絶賛し、こう続けた。

 「昨季からの上積みを見せられたと思う。この1年で堂安(律=フローニンゲン)がヨーロッパに行く前のレベルにきている。U−20W杯ポーランド大会(5月23日開幕)を経験して刺激を受ければ、ヨーロッパからまたすぐに声が掛かると思う」

 長谷川監督のG大阪時代の教え子である堂安は、17年のU−20W杯韓国大会を経てオランダへと旅立ち、いまやA代表でも主力を張る。久保の欧州挑戦への旅支度も、指揮官が太鼓判を押すほど順調のようだ。 (馬場康平)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ