トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

きょう川崎との開幕戦、久保の先発濃厚 なるか、史上3番目の年少記録

2019年2月23日 紙面から

自身初のJ1開幕スタメン濃厚となった久保。自然と練習にも熱がこもる=小平グラウンドで

写真

 FC東京は23日、J1第1節・第2日の川崎戦(等々力)で今季開幕を迎える。注目は実質プロ2シーズン目となるFW久保建英(たけふさ、17)。自身初のJ1開幕スタメンが濃厚で、実際にピッチに立てば、17歳8カ月19日でのそれは、MF稲本(当時G大阪、現J3相模原)、DF菅原(名古屋)に次ぐ史上3番目の年少記録となる。昨季シーズン途中で横浜Mへと期限付き移籍し、今季から再び青赤に袖を通した若き才能が“武者修行”を経てさらに成長した姿を敵地開幕戦で見せつける。

 久保が攻撃的な右MFで先発の座を勝ち取り、出生地で下部組織でもプレーするなど、ゆかりの深い川崎へと乗り込む。

 「(試合への集中で)考える余裕はないと思うけど、小さい時に(等々力で)試合を見たこともある。そういう舞台に立てば、また違った景色を見て成長を感じられるかもしれない」

 先発すればJ1史上3番目の若さで、得点を挙げればMF石毛秀樹(清水)が13年に記録した18歳5カ月9日の記録を塗り替える開幕戦史上最年少弾となる。だが、首を横に振ってこう語った。

 「サッカー選手として大事なのは『始まり』じゃなくて『終わり』だと思っている。十代でデビューする選手も、大学を卒業してからデビューする選手もいる。自分は始まりよりも終わった時にどういう選手になったかを大切にしていきたい」

 わずか10歳で海を渡り、スペインの名門クラブ、バルセロナの下部組織で活躍してきた。だが15年、バルセロナが18歳以下の選手の移籍に関する規則違反で処分を科されたことで、久保も日本への帰国を余儀なくされた。それから4年の月日が流れようとしている。

 昨季はシーズン途中に出場機会、活躍の場を求めて横浜Mへの期限付き移籍を決断したが、今季から古巣に復帰、青赤の一員に戻った。

 「昨年培ってきたものを存分に発揮できる一年にしたい」

 次代の日本サッカー界を背負うともいわれる原石はJ1の実戦で磨かれ、まばゆい光を放ち始めた。久保にとってより輝く一年が幕を開ける。注目度の高い「多摩川クラシコ」で弱冠17歳が主役の座を射止める。 (馬場康平)

 ▽FC東京・長谷川監督(川崎とのクラシコに向け)「ライバルだから意識はするが、必要以上のリスペクトは不要。思い切ったゲームをやるしかない。ファン、サポーターには東京のアグレッシブなサッカーを楽しんでもらいたい」

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ