トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

ルヴァン杯2試合、ラグビー聖地・秩父宮で開催へ

2019年1月22日 紙面から

 FC東京が、3月から5月に行われる今季のルヴァン・カップの1次リーグ2試合を、ラグビーの聖地、東京・秩父宮ラグビー場で開催することが確実となった。本拠地の味の素スタジアムが、ラグビーW杯日本大会(9月20日〜11月2日)に向けた大規模改修工事を行っており、平日に使用できないことから、同ラグビー場が代替会場の候補に浮上。照明の明るさなどJ1基準を満たしていない点はあるが、Jリーグは特例での開催を承認した。

 秩父宮ラグビー場は1947年の開場で、2万4871人収容(身障者席30席を含む)。日本スポーツ振興センター(JSC)によると、同ラグビー場でサッカーが開催されるのは64年東京五輪以来55年ぶりで、このときは準決勝など5試合が行われた。同ラグビー場でJリーグの試合が開催されるのは史上初となる。

 一方、ラグビーW杯開幕前の8月下旬から11月上旬に開催されるJ1第24節から第31節まで味スタは使用不可能となる。その全8試合がアウェー戦となるFC東京にとって、この“死のロード”が悲願のリーグ制覇に向けた最大の難敵となりそうだ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ