トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

【試合詳報】長谷川監督、凱旋試合のはずが… G大阪に痛恨黒星

2018年8月11日 紙面から

G大阪−FC東京 後半、うつむいて歩くFC東京の長谷川監督=パナスタで(平野皓士朗撮影)

写真

<J1第21節 FC東京1−2G大阪> FC東京は1−2でG大阪に競り負け、首位・広島との勝ち点5差はそのまま。勝って同2差とし、11日に試合がある広島にプレッシャーをかけたかったが、かなわなかった。昨季までG大阪を率いていた長谷川監督にとっては凱旋(がいせん)試合だったが白星で飾れず、G大阪の宮本監督にJ1初勝利を献上と引き立て役に終わった。

 古巣への凱旋(がいせん)試合に敗れた指揮官は、悔しさをにじませた。FC東京・長谷川監督の試合後の会見は、開口一番、「自分は全くいい人ではないので悔しい。勝ち点3をガンバにプレゼントするためにここにきたわけではない」で始まった。

 昨季まで5年間指揮を執った、思い出の詰まった場所で手痛いしっぺ返しを受けた。開始から主導権を握り、多くの決定機をつくり出したが、この日はゴールが遠く、逆に前半34分に先制を許してしまう。後半41分にディエゴオリベイラがなんとか個人技でこじ開けて同点に追いつくまでは良かった。だが、そこから逆転を狙って前掛かりになったところを狙われ、終了間際に勝ち越しを許す最悪の幕切れとなった。

 指揮官も「ロスタイムで決勝点をプレゼントする必要はない」とため息を漏らしたが、そのため息をすぐに引っ込めた。悲願のリーグ制覇に向けて「リーグ戦は長い。これも経験。われわれには力が足りなかった。こういう教訓を生かしてまた勝ち点を積み上げていきたい」と前を向いた。 (馬場康平)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ