トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

【試合詳報】また健太采配ズバリ! 東投入後から攻撃活性化

2018年8月6日 紙面から

リンスの決勝ゴールにガッツポーズする長谷川監督

写真

<J1第20節 FC東京1−0神戸> 前節・鹿島戦(1日)とは打って変わり、長谷川監督は早めに動いた。まずは後半6分、左MFの田辺に代えて東をピッチに送り込んだ。監督は「草民が疲れちゃってたんで。戦略的な意味合い? ないです」と語ったが、この交代が攻撃を活性化させた。

 東投入時に右MFの大森を左にスイッチ。東を右に入れた。右サイドで窮屈そうにプレーしていた大森が左で伸び伸びプレー。左サイドバックの太田との連係もスムーズで何度となく好機をつくり出す。ボディーブローのように徐々に相手の体力を奪っていった。

 同15分に富樫に代えてリンス、同33分に米本に代えて快速自慢の永井を投入すると、攻撃はより勢いを増す。東を中盤の底に配置換えし、永井を右MFに入れたことも奏功した。「こういう(暑さでお互い足が止まる)展開だから、走れないやつを代えて走れるやつを入れただけ」と言うが、随所にJ1唯一の日本人3冠監督としての“隠し味”が効いていた。

 腹も据わっている。「最後は選手を信じて待つしかないなと」。そんな勝負師の才覚を持つ名将に率いられ、FC東京の広島追走も加速する。 (内田修一)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ