トップ > 中日スポーツ > Vamos!! FC東京 > ニュース一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【Vamos!! FC東京】

大森、開幕白星請け負った 健太監督の懐刀「いい見本になる」

2018年2月21日 紙面から

開幕戦に向けて意気込みを語るMF大森=小平グラウンドで(馬場康平撮影)

写真

 今季FC東京に加入したMF大森晃太郎(25)は20日、東京・小平グラウンドで4日後のシーズン開幕(ホーム・浦和戦)に向けて期待を膨らませた。G大阪時代の2015年以来となる長谷川健太監督(52)との共闘が始まる。

 新加入の大森が、新たな船出を迎える。かつての恩師からのラブコールを受け、神戸から完全移籍した。

 「(FC東京の)タイトル獲得に貢献したいし、1年を通してけがなく試合に出続けたい」

 今年で26歳となるMFは、突破力が武器。2014年にG大阪で長谷川監督とともに国内3冠獲得を達成した。指揮官の懐刀として迎え入れられた今季の東京では、「今までの若い感じだけではなく、いい見本になれるように練習から取り組んでいる」と言う。

 長谷川監督の戦術をいち早くチームに落とし込むための一翼を担っている。練習中から攻守にハードワークし、チームに貢献。そうした成果が実り、ここまで主力組が出場した5試合の実戦全てで勝利を収めた。

 G大阪時代から一度も勝てなかった味スタでも、17日の横浜Mとのプレシーズンマッチで勝利を収めた。「このまま流れに乗れる」。開幕白星発進に向け、指揮官とチームをつなぐリンクマンの準備は万端だ。 (馬場康平)

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ