トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

松本人志、東出昌大は「名前がかわいそう。東大出身感がある」

2020年3月22日 10時37分

松本人志

写真

 「ダウンタウン」の松本人志(56)が22日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜午前10時)に出演し、不倫騒動渦中の俳優東出昌大(32)について言及した。

 東出は映画「寝ても覚めても」(2018年)で共演した女優唐田えりか(22)と不倫関係にあることが今年1月に発覚。さらに妻で女優の杏(33)と別居中であることも明らかになった。今月12日に桐谷健太(40)とのW主演ドラマ「ケイジとケンジ〜所轄と地検の24時〜」(テレビ朝日系)の最終回が放送。17日に騒動後初の公の場となるドキュメンタリー映画「三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実」のトークイベントに出席し、囲み取材に応じた。

 松本は、東出が映画のタイトルが入ったボードをバックに囲み取材に応じていることに「一番悪いのはこのトークショーが(映画の)何の宣伝にもなっていない。こういうときは1枚何か入れようぜと思う。この流れでこのバックを背負いながらやっているのが嫌だなと思う」と指摘した。

 騒動前は好感度が高かった東出だけに、松本は「彼の名前がかわいそう。優等生感がある。東大出身感がある。これが『予備コウジ』とかだったらね」と話し、共演者らを笑わせた。

 東出が、女性リポーターからの「杏さん、唐田さん、どちらが好きなのですか」という質問について答えるまでに間があったことについて「いろんなことがよぎったのでは。3年くらい付き合っていたんでしょ。その3年間がよぎっちゃったんでしょう」とジョーク交じりに話した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ