トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

岡田健史 中学生から機捜隊員 「中学聖日記」から約1年3カ月ぶり凱旋

2020年2月28日 紙面から

機動捜査隊員を演じる岡田健史

写真

 若手人気俳優の岡田健史(20)が、綾野剛(38)と星野源(39)がW主演を務めるTBS系ドラマ「MIU404」(金曜午後10時、4月スタート)に出演する。警視庁の機動捜査隊が舞台の物語で、岡田は同隊員を演じる。俳優デビュー作となった「中学聖日記」(2018年)以来約1年3カ月ぶりに同局系ドラマに帰ってきた岡田。中学生から今度は機捜隊員役として“凱旋(がいせん)”し、たくましくなった姿を見せてくれそうだ。

 同ドラマは、24時間以内に犯人逮捕を目指す警視庁刑事部・第4機動捜査隊の隊員・伊吹(綾野)と志摩(星野)のバディを軸に物語が展開していく。岡田が演じるのは“4機捜”の新米隊員・九重世人。警察庁幹部を父に持つキャリアで、今まで何事もうまくこなしてきたという自信からか上から目線になりがちだが、意外にかわいいところもある。

 岡田は「中学聖日記」で、有村架純(27)演じる主人公の女性教師と恋に落ちる中学生を熱演しブレーク。その後、ドラマでの主演や映画出演も果たしたほか、浜辺美波(19)と共演した「JR SKISKI」のCMも話題となった。

 180センチの高身長に高校まで野球で鍛えた体で機捜隊員役に体当たりで臨む。岡田は「TBSの刑事ドラマといえば『MIU404』と言われる未来が見えるようで、心躍る気持ちで撮影に挑んでいます。その中のパーツの一部としてしっかり機能できるように全身全霊、九重を生き抜きたいと思っています」と意気込んでいる。

 ほかに4機捜の個性的なメンバー役で橋本じゅん(56)と麻生久美子(41)も出演する。橋本演じる4機捜のベテラン班長・陣馬耕平は、キャリアやエリートが大の苦手ながらも面倒を見るために九重とバディとなる。「主演の剛くんと源ちゃん。自分がうまい役者になったかのような気にさせてくれます。そして大好きな麻生さん! 岡田健史君とニコニコで過ごしてます」と撮影を楽しんでいる様子。

 麻生は女性初となる機捜隊長となった桔梗ゆづる役で登場。「桔梗ゆづるは、ひねくれたところがない正義感の強い人。私にそういう役のイメージはあまりないかもしれませんが、少しでも近づけるように頑張りたいです」とコメントしている。

機捜隊の隊長役の麻生久美子(左)と班長役の橋本じゅん

写真
 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ