トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

泉谷しげる“宣伝部長”がワハハ本舗公演を殊勝にPR

2020年2月26日 21時59分

WAHAHA本舗全体公演イベントで熱唱する泉谷しげる(中央)と盛り上がる柴田理恵(左端)、久本雅美(左から3人目)ら

写真

 歌手の泉谷しげる(71)が26日、東京・池袋西口公園野外劇場で行われた、ワハハ本舗全体公演「王と花魁」の製作発表イベントにゲスト出演し“宣伝部長”としてPRに務めた。

 公演には出演しないが、親交がある同劇団の主宰者喰始さん(72)のラブコールを受けて宣伝部長役を買って出た。イベントでは劇団所属の柴田理恵(61)、久本雅美(61)ら劇団員たちが「春夏秋冬」など、泉谷のヒットソングを使った講談やラップなど、さまざまなパフォーマンスで盛り上げた。

 劇団員がリスペクトする歌手として招かれた泉谷は「大変なこの時期に、オレをリスペクトしてる場合じゃないだろ!」と毒づきながらも「お客と隔たりがないのがワハハ本舗の魅力、公演よろしくお願いします!」としっかり宣伝部長としての仕事をこなした。

 また、新型肺炎が芸能界にも影響を及ぼしていることに、泉谷は「俺たちが元気な姿を見せないといけない。感染予防? オレはいっぱい飲んで、おしっこをいっぱいしてる!」と気を吐いた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ