トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

「超特急」の6号車ユースケが脱退「復帰目指していたが…心と体がついていかず」事務所も退社し治療に専念

2020年2月20日 21時56分

左からカイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシ

写真

 人気ダンス&ボーカルグループ「超特急」の6号車ユースケ(24)が所属事務所の公式サイトを通じて、29日をもってグループを脱退、事務所も退社し、治療に専念することを発表した。

 心身の治療のため2019年6月から休養していた。「休養に入ってから、復帰をするために自分なりにいろいろとチャレンジしてみましたが、どうしても心と体がついていかず、毎日自分と向き合い続けました。そしてメンバーや事務所の方々にたくさん相談をして話し合った結果、福田佑亮として人生を見つめ直すために、2020年2月29日をもって超特急を脱退し、事務所を退所させていただくことになりました」

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ