トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

「音楽で人とつながる楽しさを教えてもらいました」久保田紗友、役作りでピアノ演奏初挑戦の裏側告白

2020年2月14日 19時32分

ヒロインを演じた映画で舞台あいさつした久保田紗友(中央)と萩原健太郎監督(右)と今村圭佑さん

写真

 女優の久保田紗友(20)が14日、川崎市のTOHOシネマズ川崎で行われた公開中の映画「サヨナラまでの30分」の公開御礼舞台あいさつに出席した。

 1月24日に公開された映画は新田真剣佑(23)と北村匠海(22)がW主演した青春音楽ラブストーリー。久保田は新田演じる人気ミュージシャン宮田の恋人カナ役を演じた。

 舞台あいさつには久保田や萩原健太郎監督(40)、撮影を担当したカメラマンの今村圭佑さん(32)が登壇した。

 役作りのためピアノ演奏にも初挑戦した久保田は「撮影の半年前から練習しました。今は部屋にピアノを置けない状況で続けていませんが、音楽で人とつながる楽しさをこの映画から教えてもらいました」と話していた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ