トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

大人気野球漫画「おおきく振りかぶって」3回目の舞台化で主演西銘駿も手応え「みんな高校生に近づいていった」

2020年2月14日 19時23分

初日に向け意気込む西銘駿(左から5人目)ら

写真

 俳優西銘駿(21)が14日、東京・サンシャイン劇場で行われた主演舞台「おおきく振りかぶって」の初日公演を前に稽古を公開した。

 月刊アフタヌーン(講談社)で連載中の大人気野球漫画の3回目の舞台化。今作はダブルヘッダー特別公演として2018年に初舞台化された内容の再演と新たに「〜秋の大会編」が新作として公演される。

 西銘は「最初はぎこちなかったが稽古を重ねるにつれ、みんな(演出上の)高校生に近づいていった。笑いの絶えない稽古場でした」と振り返った。「3回目の公演ということもあり成長をお見せできる舞台になっています。(主人公の)三橋廉の成長を見比べにお越しください」とアピールした。

 公演は同劇場で24日まで。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ