トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

生島ヒロシ 言葉の力に圧倒された 市原悦子さんの遺志継ぐ「追悼朗読会」

2020年1月27日 0時34分

「追悼朗読会」にゲスト出演した(左から)生島ヒロシ、黒田こらん、石井めぐみ、佐藤B作、あめくみちこ

写真

 昨年1月に亡くなった女優の市原悦子さんをしのぶ「追悼朗読会『まんが日本昔ばなし』」が26日、東京都内で開かれ、ゲスト出演したフリーアナウンサーの生島ヒロシ(69)、俳優の佐藤B作(70)らが公演前に各社の取材に応じた。

 アニメ「まんが日本昔ばなし」の語りとして知られる市原さんは民話の伝承をライフワークとしていた。イベントでは一般の愛好者による朗読のほか、言葉の由来をテーマに大学生が作成したアニメ作品に、市原さんが声を入れた映像を初公開。ゲストのトークを交えて鑑賞した。生島は「物語に命を吹き込む言葉の力に圧倒された」と市原さんの功績をたたえた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ