トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

佐藤浩市「負の遺産を明日への遺産に」 世界73の国と地域で上映決定 映画「Fukushima50」Wプレミア

2020年1月27日 0時30分

映画「Fukushima50」のワールドプレミアであいさつする主演の佐藤浩市(左)と渡辺謙(稲岡悟撮影)

写真

 俳優の佐藤浩市(59)、渡辺謙(60)らが26日、東京都内で行われた 映画「Fukushima50」(若松節朗監督、3月6日公開)ワールドプレミアに出席。全世界73の国と地域での上映決定も発表された。

 2011年の東日本大震災で発生した福島第一原子力発電所事故と戦った作業員たちを描いた作品。主演の佐藤は同原発1・2号機当直長の伊崎利夫役、渡辺は同原発所長の吉田昌郎役を演じている。

 この日は約200倍の抽選を経て大勢の観客が詰めかけ、佐藤は「この負の遺産を明日への遺産に変えられるよう、皆さん願ってください」と力を込めた。渡辺も「『Fukushima』はポジティブに扱われるワードではないが、こんな男たちが世界を救ったのかもしれない。そういう思いでこの映画を届けることができたら」と熱く語った。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ