トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

「パセック&ポール」デビュー作、初上陸 「EDGES」にジャニーズJr.林翔太ら

2020年1月27日 紙面から

右上から時計回りに綿引さやか、フランク莉奈、林翔太、辛源

写真

 世界中で大ヒットした映画「ラ・ラ・ランド」の劇中歌の作詞と、「グレイテスト・ショーマン」の楽曲制作を手掛けたソングライターデュオ「パセック&ポール」のデビュー作となるミュージカル「EDGES−エッジズ−」が日本に初上陸。今年4月から7月にかけて東京・DDD 青山クロスシアターで上演される。

 実写映画版「アラジン」にも新曲を提供し、注目を浴びる「パセック&ポール」は、ベンジ・パセック(34)とジャスティン・ポール(35)によるヒットメーカー。学生時代に作ったデビュー作「EDGE−」は出演者が4人のみで、一つのテーマのもとに1曲1話完結の楽曲をオムニバス形式でつづる「ソングサイクル」という新しい形のミュージカルだ。

 初演となる日本では、異なる演出家、音楽監督、キャストを3つのチームに分けて、順番に連続上演するという競作に挑戦する。日々を精いっぱい生きながらも、ふとした瞬間に、抱えた胸のモヤモヤに懊悩(おうのう)する若者たちが主人公。

 トップバッターとして4月24日〜5月17日にステージに立つ「チーム・ブル」のメンバーは、ジャニーズJr.の林翔太(29)のほか、辛源(32)、綿引さやか(33)、フランク莉奈(26)の4人。以降、別キャストの「チーム・ツインズ」が5月27日〜6月16日、チーム・クラブ」が6月22日〜7月15日にステージに立つ。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ