トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

唐田えりかドラマ出演場面カット、番組HPや関連SNSからも名前消滅 不倫問題で事務所側がTBSに出演自粛要請

2020年1月24日 22時51分

映画「寝ても覚めても」の初日舞台あいさつの唐田えりか(左から4人目)と東出昌大(その右)=2019年9月

写真

 唐田えりか(22)は24日放送のTBS系連続ドラマ「病室で念仏を唱えないでください」(金曜午後10時)の出演を自粛。病棟勤務の小山内みゆき役でレギュラー出演していたが、この日の放送には出ておらず、編集作業でカットされたとみられる。クレジットや番組ホームページ、SNSからも名前が消えた。

 週刊文春が報じた東出昌大(31)との3年にわたる不倫を22日に認め、所属事務所は「2度とこのようなことがないよう、皆さまの信用を取り戻せるよう、厳しく指導してまいります」と表明していた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ