トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

「あくまで歴史のつなぎ」女優岩井友見が歌舞伎名跡「十一代目半四郎」襲名へ

2020年1月14日 18時18分

岩井半四郎襲名へ意気込みを語った岩井友見

写真

 女優で日本舞踊の正派岩井流宗家の岩井友見(68)が14日、都内で会見して十一代目岩井半四郎襲名を発表した。5月2日に東京の国立劇場大劇場で襲名披露の舞踊公演を行う。

 岩井半四郎は江戸時代から続く歌舞伎俳優の名跡。友見は十代目岩井半四郎の長女で、2011年に十代目半四郎が亡くなり、岩井流宗家を継承している。

 松竹によれば女性が名跡を受け継いで次世代に託した前例は過去にもあり、岩井は「あくまで歴史のつなぎ。368年続いた名前を私の一存で止めるのはおこがましい。日本舞踊のために命を賭して精進していきたい」と表情を引き締めた。

 襲名披露では「鶴亀」「雪折竹」「お祭り」に出演する。岩井は「ゲストの出演や新作はない。口上も1人でやる」と話したが、最後に上演する「お祭り」について「オリンピックの年なので、にぎやかに締めたい」と選んだ理由を説明した。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ