トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

“王国”出身の広瀬すず サッカー静岡学園Vに大興奮「テレビに向かって、行け〜!と叫びまくってた」

2020年1月14日 16時12分

化粧ブランドのミューズ役に就任した広瀬すず

写真

 女優の広瀬すず(21)が14日、東京・表参道ヒルズで行われた「資生堂 dプログラム新ミューズ就任発表会」に出席した。

 同社のスキンケアブランド「dプログラム」のPR役として2月14日から全国放送されるテレビCMなどに出演する。発表会に豪華なドレス姿で登壇した広瀬は「私もdプログラムを使っていて、救世主のように助けてもらいました。自分で実感したことを発信できたら」と満面の笑みでアピールした。

 美肌維持のため、最近は“腸活”などにも取り組んでいるという。「腸もみエステに通ってます。代謝が上がったり、腸活が肌にもつながっているんだな、と実感できてます。きれいな服にも負けない肌でお仕事に取り組みたい」と話した。

 13日は故郷静岡県の静岡学園が出場した「全国高校サッカー選手権大会」決勝戦をテレビ観戦。地元高校の優勝に「めちゃくちゃ、うれしかった!」と喜びながら「テレビに向かって、行け〜!と叫びまくっていたらのどが痛くなって、自分でも聞いたことがない声になっちゃいました」などと笑わせた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ