トップ > 中日スポーツ > 芸能・社会 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【芸能・社会】

関西Jr.東京勢には負けない! 京セラD大阪で初単独公演

2020年1月14日 紙面から

4万5000人のファンをバックにステージで記念撮影する関西ジャニーズJr.

写真

 関西ジャニーズJr.が「関ジュ 夢の関西アイランド2020 in 京セラドーム大阪〜遊びにおいでや!満足100%〜」と題し、地元・京セラドーム大阪で開催した初単独公演が13日に最終日を迎えた。7人組の「なにわ男子」、5人組の「Lilかんさい」、6人組の「Aぇ!group」を中心とした約70人が出演し、3日間で13万5000人を動員。東京勢に負けない“西のJr.”の結束力と勢いを存分にアピールした。

 関西Jr.たちにとって、自分たちが初めて主役になった地元の大舞台はまさに「夢の関西アイランド」。高校生のときにこの場所で学校の体育祭をやったという、なにわ男子の西畑大吾(23)は「でも(当時は客席が)ガラッガラやねん。(今回)あれだけ人が入って、僕たちが先頭に立って見る景色は全然違う!」と興奮気味に語った。

 昨年8月8日、東京ドームで開催した19年ぶりのジャニーズJr.単独コンサートでは東西のJr.330人が集結。同日に東のJr.グループ「SixTONES」と「Snow Man」の同時CDデビューが発表された。西畑は「形は違えど、僕らも関西から盛り上げていきたい。東京オリンピックに負けないくらいの風を吹かせることができれば」と闘志を燃やした。

 その絶好のチャンスとなるのが、2025年の大阪・関西万博だ。この日、「関西アイランドプロジェクト Road to 2025〜未来に向かって〜」がステージで発表され、第1弾としてAぇ!groupが4月13〜17日に初のライブハウス公演をZepp Nambaで行う。同18日にはLilかんさいが同所で初の単独公演の開催が決定。大喜びしたファンの大歓声を聞いた嶋崎斗亜(16)は「Lilかんさいだけ(単独公演を)やったことがなくて、ずっと『やりたい、やりたい!』って言っていたからめっちゃうれしくて…」と涙を流して喜んだ。同プロジェクトは関西Jr.を中心に今後も拡大していく予定だ。

 関西Jr.の持ち味について、Aぇ!groupの正門良規(23)が「先輩後輩関係なくタメ口でしゃべる。『何言ってんねん!』と一緒に笑える感じが大好き。親戚一同みたいな文化です」と誇らしげに語った。西畑も「しっかりこの景色を焼き付けて、戻ってこられるように精進しなければ。今のうちに経験を積めたのは、僕たちにとって大きな財産になりました」と手応えを口にしながら表情を引き締めていた。

◆新成人・高橋ら、祝福に思わず感涙

写真

 成人の日の13日は、新成人を迎えた高橋恭平(なにわ男子)と小島健(Aぇ!group)、福本大晴(同)の3人がライブ中盤のトークコーナーに袴(はかま)姿で登場=写真。ファンから「おめでとう!!」と祝福されると、3人で声をそろえて「ありがとう〜!!」と手を振った。福本は「こんなんしてもらえるなんて思っていなかったから…。普通の成人式なら(会場が)体育館とかだから」と、ドーム会場でファンに見守られながらのぜいたくな成人式に感激し、徐々に涙目になっていった。

◆なにわ男子、ツアー追加公演 3月両国国技館

 なにわ男子は昨年11月から今年1月5日まで開催した初の全国ツアーの追加公演として、3月29、30日に東京・両国国技館公演を行うことを発表し、ファンを喜ばせた。同所でジャニーズ所属アーティストがライブを行うのは、2016年の渋谷すばる(18年に関ジャニ∞を脱退)以来4年ぶり2組目となる。

 ライブのタイトルは「NANIWA DANSHI LIVE 2020“Shall we #AOHARU?”」。なにわ男子の藤原丈一郎(23)は「(両国国技館で開催される)相撲も『SUMO』と表記されますし、世界に羽ばたこうという意味を込めて(ライブのタイトルを)英語表記にしました」と説明した。

◆関ジャニ∞大倉「5年後スターになってほしい」

 今公演をプロデュースした「関ジャニ∞」のメンバー、大倉忠義(34)が13日の公演前に取材に応じ「(関西Jr.の)勢いを表現できる場を作ってあげたかった。僕が関西Jr.のファンなら見てみたいと思えるステージにしました」と語った。

 全40曲のステージは、前半に先輩グループのヒット曲を中心に構成。後半には関ジャニ∞とジャニーズWESTの楽曲で構成した「関西メドレー」のほか、関西Jr.全体のオリジナル曲「Game of Love」「My dreams」などを織り交ぜた。

 大倉は「お客さんが笑顔になっている姿を見て、僕も感動をもらえる。全員で出るときの“家族感”が関西Jr.の魅力ですが、5年後にはみんなスターになってほしい。いろんなお仕事を(それぞれが)ライバルとして取り合えたら」と期待を込めた。

 

この記事を印刷する

PR情報

閉じる
中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ 東京中日スポーツ 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日スポーツ購読案内 東京中日スポーツ購読案内 中日新聞フォトサービス 東京中日スポーツ